吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ

カブ C125 雪道性能

冬でもカブに乗る人にとっては、C125の雪道性能がどの程度のものか気になる所だと思います(完全個人主観)( ✧Д✧) 

 

 

ほんとは様々な雪道のシチュエーションを試してからブログに書こうと考えていましたが今年は暖冬…。

全っ然雪が積もりません!(地域によるでしょうけども)

 

なので昨年末の積雪時のお話をしたいとおもいます。

 

 

 

 

時は2018年末。

 

新たに乗り始めたC125での雪道走行は初となるのでどんなハンドリングなのかワクワクドキドキ…

サスの性能は確実に向上しているが、車重、シート高の影響から来る重量バランスがどうなのかがポイントです。

 

 

f:id:yoshi83miya:20181230160712j:image

一面雪景色

 

通勤で通る峠道での一枚。

ちなみにタイヤはブリジストンのスノータイヤWB01です。空気圧はまだそんなに雪が積もっていないので前後1.8キロ。

 

 

まずは手始めに走行中にリヤブレーキをガツンとロックさせリヤスライドさせてみる。

思っていた以上にかなりグリップする。滑る中にもコントロール出来る手応えがあります。

 

 

次にフロントロックさせてみる。

こちらはグリップはあるもののややクイックな挙動。高いシート高とハンドル位置の関係が出ている感じ。しかしフロントはディスクブレーキで強弱をつけやすいので繊細な操作をしやすい。

 

 

 

車体バランスはカブらしさがしっかり健在でリヤ荷重が多いので雪道とはいえ進入スライドをしようと思うとメリハリある操作が必要なほどリヤグリップがあり、その上リヤサスはストロークが多いのでオツリが出にくく、エンジン特性が低中速寄りなのでトラクションを得やすくコントローラブルです。

 

こりゃ楽しい٩( ᐛ )و

 

気を良くして下りで3速までギヤを上げ加速し1速まで一気に落としリヤブレーキを軽く当て車体を傾けると、リヤがツツツツーと外へ流れたままコーナーへ進入しそのままアクセルを当て立ち上がる。

 

絶品です。

チョー楽しい。

 

 

 

 

やはり細かい事を求めると高いシートのせいでハンドル操作がシビアなのが気になりますが、それでも充分な安定感があります。

 

 

もっと雪が積もった所で本格的に走らせてみたいところですが、現時点でC125の素性が良い事を実感出来ました✌︎('ω')✌︎

そしてあくまでも個人の感想なので皆様怪我のないようお楽しみ下さいm(_ _)m

カブ C125 チェーン交換

C125に乗り始めて慣らしも終わりマシンの感覚にも慣れてきた頃、C125に乗られている皆さんは少なからず不満な点も出てきているのではないでしょうか?

 

 

 

私の一番の不満はドライブチェーンです。

 

 

しっかり造り込まれたマシンはデザインはもちろんのこと、走りも上質でエンジンノイズが少なくギヤチェンジもシルキーでスムーズ。

ガンガン回すエンジン特性ではないので低回転のトルクでスルスルーーっと走るととても気持ちが良いです。

 

ですが。

 

走行中やアクセルのオンオフ時、チェーンがカチャカチャカチャカチャと暴れ、静粛なマシンの全てを台無しにします。

理由は分かりきった事なのですが、125ccでありながら鉄カブと同じ420サイズのチェーンであり、しかもノンシール。

そりゃすぐ伸びるしカチャカチャもしますよね_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

もう少し乗ってから交換しようと思ってましたが耐えきれないので交換です。

 

f:id:yoshi83miya:20181227230320j:image

鉄カブでも使用している安定のRK製シールチェーン。

以前はシルバーを使い、その後ゴールドにしてみましたが違いは色だけって話のようですが実際は伸びにくさにも差があったように感じたんですが、ほんとの所はどうなんでしょうね??

 

話がそれましたが、リンク数110Lを購入して106Lにカットして使用します。

パーツリストにリンク数は載っていますが一応現物確認で数えました(^^)

 

f:id:yoshi83miya:20181227230843j:image

リヤアクスルを緩めて、ノーマルチェーンのクリップを外して

 

f:id:yoshi83miya:20181227230928j:image

ノーマルとゴールドをドッキングしてチェーンを入れ替えつつホイールを回して

 

f:id:yoshi83miya:20181227231018j:image

あっという間にチェーンの入れ替え完了

 

f:id:yoshi83miya:20181227231048j:image

シールリングとプレートを組み付けてクリップを付けて、チェーンの張り調整をしたら出来上がり!

 

f:id:yoshi83miya:20181227231155j:image

うーむ!ゴールドが眩しい!

 

f:id:yoshi83miya:20181227231231j:image

ま、結局何も見えないんだけど( ̄∀ ̄)

 

 

コレで更に上質な走りになる事間違いナシ‼︎

カブ C125 ウイリー要注意!

やってもうたーーーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yoshi83miya:20181223200239j:image

リヤフェンダーガーリガリ( ̄ー ̄ )

 

 

慣らしが終わったのでそろそろアクティブに乗ろうかなと思ってフローティングターンをしてみたらコレですよ。

 

こだわりの鉄フェンダーが仇となりました…

 

 

 

ウイリー安定域に入るより浅い角度でコレなんでまともにウイリーさせられないんじゃないかな?

 

皆様ウイリーさせる際はご注意をm(_ _)m

 

 

カブ C125 タイヤ交換

寒い寒い日が続いております…。

朝の気温がマイナスという所も多くなってきましたね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

C125の純正タイヤはコンパウンドが硬めでグリップが悪いので濡れた路面や冷えた路面では神経を使いますね…

 

 

 

そろそろ凍結、降雪の時期なのでスノータイヤを履かせたいな〜と思ったら、そいやC125はチューブレスでした( ゚д゚)

 

いつも冬場に履くスノータイヤはIRCのSN22かブリヂストンのWB01なんですが、どちらも17インチはチューブタイヤしかないんですね_:(´ཀ`」 ∠):

まぁ仮にチューブレス用があっても真冬は空気圧低めで使用するのでチューブレスだと支障が出る可能性が高いので、純正ホイールにチューブを入れてスノータイヤを履かせようと思います٩( 'ω' )و

 

 

 

 

まずはフロントから。

キャリパーを外してアクスルを外して…

f:id:yoshi83miya:20181217221752j:image

あっという間にフロントホイール取り外し完了。

 


f:id:yoshi83miya:20181217221744j:image

ノーマル状態だとセンタースタンドを掛けた状態でフロントホイールを外すとゆっくり前に倒れて来てしまいますが、リヤボックスを付けてたり、リヤキャリアに適当な重しを置いておくとフロントは浮き上がったままになります。

 


f:id:yoshi83miya:20181217221800j:image

チャチャっと純正タイヤ取り外し。

 

チューブレスタイヤの取り外しなので本来はビード落としが必要になります。

私はPB製タイヤレバーを使っているのと慣れがあるのでコレでビードを落とします(^^)

 


f:id:yoshi83miya:20181217221756j:image

作業開始からものの5分でこんな感じ。

純正タイヤは案外外しやすかったです。

今回のスノータイヤは昨シーズンから使用しているWB01の中古。

 


f:id:yoshi83miya:20181217221741j:image

用意したチューブ。

フロント用は鉄カブでおなじみのサイズですが、リヤ用はC125に合わせて太いサイズのにしてみました。

 

 

チューブを入れるためにはホイールに付いているエアバルブを外さなければなりません。

私は特殊工具を持っていないのでカッターで切ってバルブを外しました。

f:id:yoshi83miya:20181218004339j:image

もう後戻りは出来ません…

 

 

 

ここからは通常のチューブタイヤと同じ手順で組み付け。

ウチにはエアコンプレッサーがなく、自転車用空気入れを使用したのでビードがちゃんと上がるかドキドキしましたがワックスをたっぷり塗布していたのですんなり上がりました(^^)

 

f:id:yoshi83miya:20181217221748j:image

4輪のハヤシホイールみたい

 


f:id:yoshi83miya:20181217221804j:image

チューブからのエアバルブはこんな感じに出ます。このままナットを固定したらホイールに傷が入りそうなのでこの後ワッシャーを間に入れました。

 

 


f:id:yoshi83miya:20181217221808j:image

フロントのタイヤ交換完了!

アクスルの差し込み方向が違うよ!って言われそうですが敢えてこうしてます(^^)

 

 

 

お次はリヤ。

 

f:id:yoshi83miya:20181218005459j:image

チェーンケースを上下外して
f:id:yoshi83miya:20181218005448j:image

リヤアクスルを緩めて外す。

センタースタンド掛けた状態だとマフラーが邪魔してリヤアクスルのナットにメガネレンチが入らないけどサイドスタンドの状態だと入るので先に緩めておくといいと思います。


f:id:yoshi83miya:20181218005438j:image

リヤドラムを外して、ホイールを抜き取り


f:id:yoshi83miya:20181218005455j:image

スプロケAssyを外して


f:id:yoshi83miya:20181218005503j:image

ここからまたタイヤ交換

 

 


f:id:yoshi83miya:20181218005452j:image

チャチャっと外して

 


f:id:yoshi83miya:20181218005445j:image

チャチャっと組む!

 

 


f:id:yoshi83miya:20181218005507j:image

途中掃除してて気付いた。

リヤサスのカバー鉄製じゃん!

 


f:id:yoshi83miya:20181218005435j:image

リヤアクスルのチェーンスライダーの造りも良い。凝ってますね( ゚д゚)

 


f:id:yoshi83miya:20181218005442j:image

リヤもタイヤ交換完了!

 

 

これで冬場の通勤もバッチリ٩( ᐛ )و

C125 オイル交換

まだまだ絶賛慣らし中ですが、100km走った所で一回オイル交換をします。

 

慣らし運転の仕方もオイル交換のタイミングも考え方は人それぞれですが、オイル交換サイクルが早ければ早いに越した事はないのでここらで一旦リフレッシュです。

 

 

f:id:yoshi83miya:20181212084926j:image

交換方法は鉄カブと同じですが、C125はアンダーガードがないのでそのまんまドレンボルトを外してオイル交換出来ますね。

 

 

f:id:yoshi83miya:20181212084607j:image

出てきた量は750ccほどでした。

 

 


f:id:yoshi83miya:20181212084600j:image

オイルの状態を確認しながら廃油入れにオイルを移し、残りカスを確認。

ゴミがちょこちょこありますね。

 

 

 

 

 

……んん……?

 

 

 


f:id:yoshi83miya:20181212084603j:image

((((;゚Д゚)))))))

 

鉄片が……!!

 

 

 

 

 

……と思ったら、液体ガスケットのカケラでした( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

一安心一安心!

 

 

C125 風防 ウインドスクリーン

 

C125に乗り始めて、真っ先に欲しいと思ったもの。

それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風防です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い。

とにかく寒い。チョー寒い。

 

もう師走ですもんね。

 

 

 

調べてみたら、もう販売されているお店があるんですね。有り難い事ですm(_ _)m

 

 

f:id:yoshi83miya:20181213065232j:imagef:id:yoshi83miya:20181213065242j:image

旭風防

 

2種類ありました。色も何パターンかあるようです。

 

 

実用性を考えると大きな方なんですが在庫がなかった事と、鉄カブ用のNo66と違いハンドル部のシールドがなくいずれにせよ半端な防風効果になる事があるので、デザイン重視で小さいタイプのものを購入してみました。

 

 

 

 

f:id:yoshi83miya:20181212084818j:image

アウトスタンディングさんで購入。

すぐ来ました。ありがとうございます(^^)

 


f:id:yoshi83miya:20181212084824j:image

箱から出すとスクリーンが袋に入れてありました。

何でわざわざ?

と思ったら、直射日光が当たる所にバイクを置くときはスクリーンの集光効果でバイクが溶けたりしないようにするためにスクリーンに取り付けるカバーらしい…

 


f:id:yoshi83miya:20181212084830j:image

付属部品

 


f:id:yoshi83miya:20181212084810j:image
f:id:yoshi83miya:20181212084834j:image
f:id:yoshi83miya:20181212084839j:image

こだわり感のある形状です

 

 

 

早速取り付けです。

 

ネットで事前に調べてたらライトケースとスクリーンの間の隙間が大きいという情報を目にしました。

それならミラーステーを短くすればよいのでは?

なんて事も考えながら早速作業。

 


f:id:yoshi83miya:20181212084805j:image

ミラーを外して


f:id:yoshi83miya:20181212084752j:image

あえて付属品の長いミラーステーを付けずに取り付けてみた


f:id:yoshi83miya:20181212084745j:image


f:id:yoshi83miya:20181212084848j:image

お留守番

 


f:id:yoshi83miya:20181212084852j:image

そしたらキレーに付きました


f:id:yoshi83miya:20181212084842j:image


f:id:yoshi83miya:20181212084749j:image

ここはスリットみたいに隙間があるのね。


f:id:yoshi83miya:20181212084800j:image


f:id:yoshi83miya:20181212084756j:image

ライトケースとの隙間も適度にあります。

10mmくらい。

 

これなら付属品のミラーステーいらなかったのでは?

なんて思いつつ、早速走ってみました。

 

 

 

風の当たり具合のインプレッション

(身長177cm基準、時速60kmでの感想です)

 

・スクリーン上からの風は胸元に来る

・ライトケースとスクリーンの間からの風はほぼない

 

てな感じです。

正直これだと状態を伏せて走らないと風除けとしての効果はなさそうです。

 

 

 

 

なのでお留守番していた付属品のミラーステーを付け、製品本来の取り付けをしてみました。

f:id:yoshi83miya:20181213122303j:image
f:id:yoshi83miya:20181213122307j:image

隙間は少し増えました。15mmくらい。

 

 

この状態でのインプレッション

・スクリーン上からの風は首元に来る

・なので胴回りの防寒性はありそう

・ライトケースとスクリーンの間からの風はほぼない

・首から上は風を受けるので体感的寒さは上記の時と変わらない

・最高速度の向上に貢献しそう

 

てな感じ。ちょっと惜しい感じです。

 

 

 

 

 

なので次は更に一工夫。

f:id:yoshi83miya:20181213123040j:image

更にスクリーンの高さを上げるべく純正ミラースステーの間に取り付け

 

この状態でのインプレッション

・スクリーン上からの風はアゴの辺りに来る

・ライトケースとスクリーンの間からの風は少しある

・防寒性はこれがこれまでの中で一番良い

 

なので取り付け方はこれで行きます。

 

しかし、気にならないレベルではあるがライトケースとの隙間からの風があるのと、スクリーン上からの風をあと少しでも減らしたい。

 

 

 

なので仕上げに

f:id:yoshi83miya:20181213221621j:image

スクリーンのステーを少し曲げてスクリーンの角度を立てました。

 

仕上げ後のインプレッション

・スクリーン上からの風は顔面に来る。なのでフルフェイスヘルメットを被っていたら風は気にならないレベル。

・ライトケースとの隙間からの風はない

・防寒性もこれがベスト

 

 

はい。大満足です٩( ᐛ )و

スクリーンの造形が凝っているので小さい割に結果的に大きな成果となりました。

デザインもマッチしているし良いと思います!

 

 

余談ですが気温0度前後の中を2時間ほどツーリングしてきましたがC125のレッグシールドは非常に防風性が良いですね〜(^^)

あと、何でか手が思ったほど寒くなかったんですよね。スクリーンの効果なのかライトケースの形状からなのか、たまたまなのか…

この辺りも調べて行きたいところですね。

 

 

C125は見る度に造形の良さに気付くし乗る度に快適さに気付く深イイバイクですね(^^)

 

 

実用的でラクなヤツ

f:id:yoshi83miya:20181211235636j:image

 

 

 

 

 

 

はい。

買っちゃいました。

 

 

 

 

 

 

実用的でラクなやつ。

 

 

 

 

 

 

 

お世話になってるバイク屋さんに冗談半分で

 

C125の在庫ないですか?

って聞いたら、

 

 

 

今日入荷したよ、2台。

 

え、買い手はまだついてないんですか?

 

うん、すぐ納車できるよ〜。

 

あ、じゃあ買います(・Д・)

 

 

てな感じで即決。

タイミングの良さといい、巡り合わせなんでしょうか。

 

 

とにかく早く通勤の足が必要だけど、現行110は選択肢にないし、また鉄カブってのも何だし、スクーターは雪だと危ないし、C125は全然売ってないだろうし〜なんて思ってたんですけど…。

 

 

 

C125はカブ乗りからしたら、欲しい性能と装備をメーカーがしっかり造って出してくれた夢のようなバイクだから40万も高くない気がするけど(賛否両論ありますが)、一般的に見たらたかが原付が40万。買うヤツの気が知れないでしょう。

 

 

そんなバイクの購入を快く許してくれた家族に本当に感謝です。

 

 

しばらくはC125の事をブログにアップしていこうと思いますのでまたよろしくお願いしますm(_ _)m