吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ

カブ エアクリーナーボックス加工

最近は朝晩と日中の寒暖の差が激しく、セッティングが出しにくい季節になりましたね_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

さて今回はエアクリーナーボックスを加工して空気の流入量を増やしたいと考えました。

 

押さえておきたいポイントは、

・ノーマルエアクリーナーは外さない

・通勤にも使うので天気の影響を受けない

・吸気音が不快にならない

・セッティングがズレにくい

 

このあたりでしょうか。

 

 

もうネットを見れば色々な加工方法が出ていて、まずそれを参考に、煙突4本の内径をドリルで拡大加工。

手持ちが13ミリドリルだったのでそれで開けました。

 

次に考えたのは、煙突の長さ。

レッグカウルの穴から覗くと見えるこの煙突ですが、奥の煙突(進行方向前側)は短くしても雨の影響を受けないんじゃないかな?と思い、

f:id:yoshi83miya:20170615185342j:image

コレを

f:id:yoshi83miya:20170615185400j:image

こんな感じに!

 

 

お次はボックス内のエアフィルターが付くところのゴムファンネルを

f:id:yoshi83miya:20170615185505j:image

大胆にカット!

(フィルターは付けておりません)

 

 

そして試乗してみました!

 

乗り出しは、

ちょっと吸入音が増したな!

コレは期待出来るか⁉︎

 

 

と思ったのですが、全開走行してみると

大して変わらずでした(´ー`)

 

 

煙突4本からの吸入量が限られてるのか。

個人的にはゴムファンネルがなくなったのは逆効果なのかな?と思ったり。

 

もうちょっと良い方法を考えていきたいと思います(^ ^)

 

カブ あるある

カブに乗ってる人なら一度は経験ありますよね…?

 

そうです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ガス欠』…( ̄∀ ̄)

 

 

今日久々にやってしまいました〜。

一昨日の仕事帰りにガス欠症状が出て、

「おっ、リザーブにしなきゃ。明日の朝給油して行こう」

 

んで、今朝。

外は雨…。

「夕方頃には止んでるみたいだし、帰りににガソリン入れるか〜。」

 

 

そして夕方。

お、晴れてる!よーし帰るかっ!

 

……で、給油の事もすっかり忘れてて。

 

ボッ…

 

ボボボゥ…

 

ん?

あぁ!しまった‼︎

 

 

 

 

となるワケですね…

燃費が良すぎるのも困りものです_(:3」z)_

 

 

しかしここからがカブの良い所!

残りわずかなガソリンをフルに使うべく蛇行しながら走ると結構まだまだ走る!笑

 

おかげで最寄りのガソリンスタンドまで無事着きました٩( ᐛ )و

 

 

安堵の思いで給油をします。

 

f:id:yoshi83miya:20170608100920j:image

ちょっと入りすぎた!笑

 

 

皆さんもお気を付け下さい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

PC20 続きの続き

前回に続き、低速域での不満を解消すべく

今回は油面を調整してみました٩( ᐛ )و

 

ネットで調べるとPC20の規定油面は20ミリなんだそう。

自分のをバラして測ってみると

f:id:yoshi83miya:20170601195826j:image

 19ミリでした…。

ちょっと濃い方向になるってことなのかな?

 

そこで20ミリになるように調整!

組み上げて走らせてみると

 

 

お!!全然違う!

気になってた箇所がかなり改善されましたー!٩( ᐛ )و 油面変更にこんな効果があるとは……

 

 

でもまだあと少しが満足出来ないのでジェットニードルを上下してみたものの、根本的解決には至らず。

なので更に油面を下げて21ミリを試してみましたところ…

 

 

バッチリですっ‼︎ヽ(´▽`)/

 

やっとPC20で最低限満足出来るフィーリングを得られました…‼︎

アクセル開度1/4あたりって常に使うポイントなので、ここが決まらなかったら乗ってて不快なのでダメならPB16に戻そうとも思ってましたがこれで一歩前進しました!

 

あとは始動時と暖機後のアイドリングのバランスとか細かい所を仕上げて行こうと思います( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

PC20キャブ 続き

PC20キャブを組み付けてのその後です!

 


結果から言うと不満があるのが現状です…。

 

メインジェットは#90でほぼ決まり、スロージェットは元々付いてた#40で、エアスクリューを調整して1-1/2戻しで合うのですが開け始めの1/8〜1/4で谷があります。

 

経験上ジェットニードルのストレート径のところだなーと思うも、ヘタな先入観は失敗の元なので_:(´ཀ`」 ∠):

改めてメインジェットの上下、ジェットニードル上下、エアスクリュー開閉、ジェットの詰まり、二次エアチェックをしましたが問題が見つからず。

 

キャブの見た目からして年季が入っていたので

f:id:yoshi83miya:20170528194943j:image

キタコのジェットニードルセットを買いました。

これでフレッシュにして良くなればなー(´∀`)

 

f:id:yoshi83miya:20170528195058j:image

左が中古、右が新品。

あとニードルジェットも付いてるのですが撮り忘れました(´-`)

キャブがキタコ製なのでニードルの型番も同じでした。

 

 

チャチャっと組み付けて意気揚々とチェックに出掛けてみました!

 

 

が!

 

 

 

変わらずでした…( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

この領域が気持ち悪いと乗るのがイヤになるくらい発進から巡行が出来ないんですよね。

 

ジェットニードルのストレート径違いも販売されてないみたいだし…

とりあえず次は油面をチェックしてみよう。

 

 

何か良い方法があれば教えて下さい〜( ´_ゝ`)

PC20 キャブ

前回まででクラッチの強度が上がったという事で…

 

 

 

 

 

 

 

 

PC20を装着します٩( ᐛ )و笑

 

 

ちょっと前に、どうしても最高速が90まで行かないんだよね〜と頼れる兄に相談した事があって。

PB16だとその辺りだよね〜吸入量が限られるから。そういやウチにPC20のカブ用の中古があったな、送ろうか?とのありがたいお言葉!

 

 

f:id:yoshi83miya:20170527125821j:image

はい!届きました!笑

キタコが販売してたカブ用PC20だそうです。

相当年季が入ってます。

 

取り付けに関してはフューエルコックが必要になるのと、私の場合はアクセルワイヤーの全長がパツパツで短くて合わずロングケーブルを購入して対応しました( ´•౪•`) 

あと、キャブレターから出るスロットルワイヤーの付け根がフレームに干渉するので、マニホとキャブの間にインシュレーターを付けてスペーサー代わりにしてキャブを前方へ逃がしワイヤーに余裕を持たせました。

f:id:yoshi83miya:20170527130816j:image

 

あとはフューエルコックをどう取り付けるか…。

ノーマルと同じように使おうと思うと左側なんだけど、PC20はアイドルスクリューとエアスクリューが左側にあるんでコックが左側だと何かと邪魔になるんですよね。

 

あと個人的なこだわりなのですが、コックを取り付けるステーをマニホのキャブを止めるネジと一緒に付ければ位置的に1番ラクなんだけどセッティングのたびにコックも外さなきゃいけないのはイヤだなっていうのがあり、マニホのエンジン側のネジで上手く止めれないかを色々と考えました。

 

f:id:yoshi83miya:20170527131518j:image

試行錯誤の跡… ( ̄▽ ̄)

 

 

コックのレバーを外に向けてやろうとするとホース類が意外とかさばるし、ステーが長く複雑になる。なので振動で折れやすい。

 

うーん…

 

 

 

あ!!

 f:id:yoshi83miya:20170527132130j:image

別にコックの向きヨコでもええやん٩( ᐛ )و

 

なんか旧車にありそうなレイアウト笑

 

 

ステーも短くシンプルに出来たし、レッグカウル取り付けてても使用に差し支えないように考えて位置を決めました。

f:id:yoshi83miya:20170527132528j:image

 

上から見ても

f:id:yoshi83miya:20170527132607j:image

キレイにおさまってます(^ ^)

 

走行してみても燃料が供給されない事もなく調子良かったです♪

 

 

 

ただキャブセッティングは苦労しそうな予感…(´-`).。oO

 

単板強化クラッチ その後

前回組んだ、モンキー本舗早矢仕の単板強化クラッチ(過激走行OK!!)のその後です。

 

慣らしを含め約250km走行しました。

後半は色々と過激走行してみました( ´•౪•`)笑

信号待ちからの急発進だったりウィリーだったり、4速での半クラだったり…

 

ノーマルなら確実に音をあげていますが、このクラッチなら余裕で受け止めてくれます✌︎('ω')✌︎

 まだまだヘタる雰囲気はないので耐久性も期待出来そうです。

 

クラッチフィーリングは、慣らし後も今も組み上げ時とさほど変化はなく、繋がり感は良く半クラもスムーズ。切れるまでのストロークはやはり多く、レバーの遊びをほぼゼロにしても人差し指と中指で握る二本がけだとクラッチがちゃんと切れないくらいの所なので、4本がけで切るくらいがいい感じ。

 

クラッチの重さは前回書いた通りですが、ふと出掛けようとしたときに何気なくクラッチを握ると「ウッ……重い。」となります笑

f:id:yoshi83miya:20170522130311j:image

 

あ、あとウィリーする時に車体を左右ブレずに真っ直ぐ保ちやすくなりました。駆動がダイレクトにムダなく伝わる様になったから?と思ってます。

 

 

気兼ねなくラクに乗れるバイク造りをテーマに考えてきてクラッチが重くなるのは悩ましい所ですが、レスポンスの良さ、シンプルさ、コスト、速さ、ノイズなどのトータルで考えるとコレで良かったなと思ってます٩( ᐛ )و

単板強化クラッチ!

これまでノーマルのクラッチ板で滑るのを何とかごまかしながら乗っていましたが、とうとうごまかせなくなってしまいました_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

あ、初めに言っておきますが私のカブはマニュアルクラッチなので参考にならなかったらすみませんm(_ _)m

 

 

排気量は耐久性は使い勝手を考え85cc で、今後もこれより上げる事はまずないのでノーマルでコレに耐えてさえくれればと思っていましたが、キャブセッティングを煮詰めてパワーを振り絞った事に比例して一気に滑るようになってしまいました…

 

さて強化クラッチとはどんなモノがあるのかな〜とネットを色々見てみると、板が2枚3枚と多くなったキット(多板クラッチ)が主流なようで、社外で単板強化クラッチもありましたが、クチコミでは排気量が80ccを越えると必ず多板が必要とまで書いてあります。

 

私のカブ造りのコンセプトとして、とにかく気を遣わない、壊れない、乗ってホッとする、けど速い٩( ᐛ )وをモットーとしています。

なので二次側クラッチは論外として、極力ノーマルに近いモノでかつシンプルに軽くしていきたいのです。

 

ノーマルという意味ではダックス70に2枚クラッチが一時期あったようで!魅力的だな〜と色々調べるも、クラッチ周りと同時にプライマリードリブンギヤも要交換で、結果全体に重たくなってしまうので断念。

 

やっぱり多板にするしかないかぁ〜と思っていたその時

 

 

ハイコンプ88ccで過激走行OK!

単板強化クラッチ

http://www.hayashimotors.com/sp/item/22401-1HS-44/

 

 

なななななんですとーー‼︎⁉︎

 

モンキー工場 早矢仕

という会社が出してる商品で、老舗の有名なんだそうです!

 

値段も手頃なので早速注文しました✌︎('ω')✌︎

 で、早速商品を開けてみると

 

f:id:yoshi83miya:20170518232404j:image

手書き説明書!!!!

 

事細かに丁寧に組み付け方など要点が記してくれてあり、とても温かみを感じます。

 

部品としてはフリクションディスク1枚とスプリング4本とネジ4本とガスケットと、シンプルな内容。

ディスクの写真は撮り忘れましたが、ノーマルと何ら見た目は変わりませんでした。

 

f:id:yoshi83miya:20170518233100j:image

スプリングはもう見るからに差は歴然…笑

長さも、押した硬さも全く違います。

 

f:id:yoshi83miya:20170518233157j:image

 

私はこんな感じでシャコマンで圧縮して板交換してるのですが、今回の強化クラッチは流石にかなり硬く、締めるのも大変でした( ̄▽ ̄)

 

手書き説明書に沿ってしっかりクラッチのセンターも出して組み付け、クラッチレバー周りのグリスアップをして(組み付け用グリスも専用品が付いてました)

f:id:yoshi83miya:20170518233511j:image

フタのナメやすく外れ難いプラスネジを付属の六角ネジに付け替え、ケースを締めてオイルを入れて組み付け完了!

 六角レンチも付属で付いてた!( ゚д゚)

 

そしていざ試走!

 

まず感じたのはクラッチの繋がり方が全く違うという事。

クラッチレバーの遊びを取り、握り込み始めてから実際クラッチが切れるまでのストロークが長い。ノーマルだと遊びを取ってからすぐ切れ始める。

説明書にもレバーとケース側での遊びの設定についてミリ単位で書いてあった事にこの時納得しました。

 

クラッチ自体の切れ方は意外にもマイルドで、半クラも普通に出来るし神経質な事はなかったです。

レバーが重くなるのは当たり前と覚悟してましたが想定より全然軽く、無整備の給油してないクラッチレバーくらいなイメージです笑

 

実際の耐久性や使い勝手は明日からになるのでまた色々チェックしてからまたブログにアップしたいと思います٩( ᐛ )و