読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ

マグナエンジン ケースベアリング交換②

てなわけで、マグナの中古エンジンを全バラシしてーの本題のベアリング交換です。

 

ケースの中を見ると

f:id:yoshi83miya:20170425202916j:image

……。

 

 

 

んん……?

 

ニードルベアリングは??

 

……。

 

モンキーと同じじゃないやんけ!!

 

事前にモンキーのカウンターシャフトを用意していましたが当然径が合わず使えないワケで、無駄な出費となりました。

 

さておきまずはベアリングを外すわけですが、私はガスバーナーで温めて外します。

f:id:yoshi83miya:20170425203447j:image

コツとしてはケースをひっくり返してベアリングの近くを温めるというより、5センチ離れたところからまんべんなく温めてやる感じです。

 

温め具合は、ベアリング近くを一瞬触っただけで「アツっ!」って感じるくらい。というかその頃にはベアリングが勝手に下に落ちています。変にこじったり引っ張ったりは一切しません✌︎('ω')✌︎

 

今回は試しに赤外線温度計で測ってみました。

f:id:yoshi83miya:20170425204616j:image

90℃手前くらいですね。

 

f:id:yoshi83miya:20170426131948j:image

抜け落ちました( ´∀`)

 

新しいボールベアリングも手順は同じです。

ケースを温めてベアリングが入る付近を一瞬触って熱いと感じるくらいになったら、ボールベアリングをポトッと落としてあげると入ります。

保険でパーツクリーナを用意しておき、ベアリングがちょっと引っかかった時はベアリングの内側に少しだけパーツクリーナーをチュチュチュッとかけるとスポッと入ると思います。

 

もしナナメに落としてしまい動かなくなってしまった時は慌てず、変に叩いて入れたりせずにまた始めと同じように温めて抜け落ちるのを待ちましょう。

 

f:id:yoshi83miya:20170426132551j:image

完成٩( ᐛ )و