吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ

カブ エアクリーナーボックス加工

最近は朝晩と日中の寒暖の差が激しく、セッティングが出しにくい季節になりましたね_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

さて今回はエアクリーナーボックスを加工して空気の流入量を増やしたいと考えました。

 

押さえておきたいポイントは、

・ノーマルエアクリーナーは外さない

・通勤にも使うので天気の影響を受けない

・吸気音が不快にならない

・セッティングがズレにくい

 

このあたりでしょうか。

 

 

もうネットを見れば色々な加工方法が出ていて、まずそれを参考に、煙突4本の内径をドリルで拡大加工。

手持ちが13ミリドリルだったのでそれで開けました。

 

次に考えたのは、煙突の長さ。

レッグカウルの穴から覗くと見えるこの煙突ですが、奥の煙突(進行方向前側)は短くしても雨の影響を受けないんじゃないかな?と思い、

f:id:yoshi83miya:20170615185342j:image

コレを

f:id:yoshi83miya:20170615185400j:image

こんな感じに!

 

 

お次はボックス内のエアフィルターが付くところのゴムファンネルを

f:id:yoshi83miya:20170615185505j:image

大胆にカット!

(フィルターは付けておりません)

 

 

そして試乗してみました!

 

乗り出しは、

ちょっと吸入音が増したな!

コレは期待出来るか⁉︎

 

 

と思ったのですが、全開走行してみると

大して変わらずでした(´ー`)

 

 

煙突4本からの吸入量が限られてるのか。

個人的にはゴムファンネルがなくなったのは逆効果なのかな?と思ったり。

 

もうちょっと良い方法を考えていきたいと思います(^ ^)