吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ

キタコハイカムとモンキーRヘッド(追い込み編)

皆様お盆休みいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は遅めのお盆休みをエンジンチューンをして過ごしております( ̄∀ ̄)

 

モンキーRヘッドにキタコハイカムを入れて調子良く走らせていましたが、いくつか疑問が出てきたのでトライをしております。

 

 

まずは燃焼室について。

ネットで色々と調べていると、モンキーに比べてモンキーRはバルブが大きいぶんだけ燃焼室が広く圧縮が下がってしまうとのこと。

 

え!それじゃあキタコのノーマルヘッド用85ccボアアップにモンキーRヘッドならなおさらボアダウンになってしまうのでは⁈

 

 

もうひとつはバルブスプリングについて。

キタコのハイカムは、ノーマルのシングルバルブスプリングに対応しております。

しかしモンキーRは純正でダブルスプリングです。押した感じも歴然で、Rのダブルスプリングは押してもなかなか動かないくらいに硬いです。

これではロスが多いのでは??(安心感はあるけど)。

 

 

 

 

 

ということで、燃焼室比較。(ついでに重量比較。カムとロッカーアームなし)

f:id:yoshi83miya:20170819192717j:image

ノーマルヘッドモンキー

 

f:id:yoshi83miya:20170819192741j:image

モンキーRヘッド

 

その差は8g。意外とわずかですね。

 

シリンダーとの合わせ面から燃焼室の一番高い所までの高さと燃焼室の幅を測ってみましたが、ほぼ一緒の寸法でした。なので圧縮の差はほぼないと思っていいと思います。

 

 

  

続いてバルブスプリング。前述のように、重量の差は大してありませんでした。

バルブ単体でIN、EXそれぞれ0.2〜0.4g程度の差。

 

 

 

 

以上のことから、詰めどころとしてはバルブスプリングかなと。

なのでバルブスプリングをモンキーノーマルのシングルとモンキーRバルブの組み合わせで試してみました(ドキドキ)。

 

 

ナラシをしつつ少しずつ回転域を上げていきます(ドキドキ)

 

平地での変化は案外少しで、パワーバンドに入る手前からスッとフィーリングが軽くなりました。

 

しかし登り坂を走るとその差は大きくて!

これまで2速だとギャンギャン、3速だとタラタラだった所が、3速のパワーバンドに乗るようになり巡行速度が大幅にアップしました٩( ᐛ )و

 

 

そして肝心のピーク回転でのサージングやバルブジャンプは…

 

 

 

 

 

 

大丈夫でしたψ(`∇´)ψ

 

その後エンジン内を再度チェックしたけどピストンにヒットしていないのでバッチリですね。

 

さすがキタコさん、あんな良いカムでありながらマージンも多めに造られているんですね。感謝感謝です!

 

 

残りのお盆休みはツーリングを楽しんできます(´∀`)