吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ

フルデジタルCDI③実走編

前回取り付けてすぐ好感触を得たフルデジタルCDIでしたが、今回は実走した感じ編です。

 

CDIを取り付けたままのセッティングなしでアイドリングの安定感が増してました。たまたまセッティングが合ってたという考えもありますが、これまで幾度とセッティングを繰り返し、気温や天候で始動性は変わる事はあってもここまでの安定感は初めてです。

 

 

 

f:id:yoshi83miya:20180422002220j:image

こちらはデイトナの説明書の点火タイミングの参考グラフ。

細かい回転数設定の表記はなくザックリですが、これまでのノーマルCDIの固定27度と比較して低回転で遅角しているのが影響しているのかな?

 

 

そして実走。

いつもの通勤路で、いつもと同じ服装、靴、装備で走行(コレ大事)。

 

設定はストリート1、レブリミットは11000回転。

 

すぐ感じたのは発進からのトルクの増加。

そしてそのまま中回転までトルクが出ています。エンジン音がかなりスムーズになり軽くなっていました。ただ、悪く言うならモーターみたいにヒュンヒュン回って粘りが少なくなった感じがします。

 

通勤中の峠の登り坂で3速で42キロ(メーター読み)まで落ち込む箇所で48キロまでしか落ち込まなくなったので実際にトルクは増えていますね。

あと、ついシフトアップをしたくなる時の回転数が上がりました。トルクカーブのピーク回転が上がったのでしょう。

 

そして高回転域。

イカムを入れた時の伸び感が思い出される伸び感で、回した分だけ回って行くのでとりあえず保留…笑

それでもレブリミッターの感じはなかったので、これまでのノーマルがいかに回らなかったかが分かりました。

 

 

 

続いてセッティングはまたそのままにストリート2に変更して実走です。

 

アイドリングの安定感、低〜中回転のトルクは健在ですが、中回転のモーター感は増加して、むしろ勝手に回ろうとする感じがありました。

ツーリングで使うにはせわしなく感じて疲れてしまうかも知れませんね。

 

そして高回転ですが、先程以上に一気に伸び上がろうとするフィーリングでした。

 

が、回りません。

 

 

完全にガスが足りていないみたいですね( ̄∀ ̄)

 

 

 

とりあえず試走を終えて、上のガス不足が顕著だったのでメインジェットを2ランク上げてテストコース走行をしてみました。

 

GPSアプリを使用し実測の最高速を計測すると、

 

 

オォォ!  96.9km!!

 

 

これまでの最高速より4kmほどアップしてました!(公道でやったらダメですからね)

 

 

 

セッティングの煮詰めはまだまだこれからですが、コレは良いモノを手に入れました!

セッティングが楽しみです(^ ^)