吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ

カブ エアクリーナーボックス加工 追い込み編

ジュンインターナショナルのビッグバルブボアアップキット+ショートコンロッドクランクで96cc化されたエンジンの慣らしもようやく終わりが見えてきて、それと同時にファイナルとキャブセッティングの煮詰めも行なっていて大まかな所は出来たのですが、現在メインジェットの番手が#90で速度は90を超えるあたりなのですが、伸び切りの感じからして#88か#85の方が良いのかなと思っているのですが。

 

 

 

うーん……

 

 

 

 

相場では90〜95番みたいなんですよね。

もちろん個体差やトータルパッケージで違いがあるのは重々承知しているんですけどね。

夏だから番手を絞るのもあるかな。

 

 

 

 

分かってはいるのだけれど

 

 

 

 

 

 

うーん……

 

 

 

 

 

 

 

なんか悔しい_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

 

 

 

 

てなわけで、エアクリボックスを加工します。

しかし、穴を新たに開けたくありません。

 

 

なので煙突をギリギリまで拡大してみようと思います。

 

今現在の煙突は13mmのドリルで拡大してましたが、それを少しずつ広げ、最終的に14.5mmのまで拡大しました。

 

 

f:id:yoshi83miya:20180714222824j:image

 

ハンドドリルで角度を見ながら慎重にほじくりました。時々煙突がたわんでいたのでこの辺りの径がギリギリですかね?

 

 

 

 

 

そして取り付けて実走!MJは#90のまま。

 

 

 

 

 

おおおぉぉ!

 

 

 

 

 

 

 

変わりません_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

 

いや、中速域のフィーリングに変化はあったんです。けど高回転域は変わらずでした。

 

中速域での流量変化はあったものの、高回転時の吸気口の流量は足りてないのかなと思います。

 

 

うーん。エアクリボックスに穴開けたくないなぁ。

とりあえず他の方法を考えてみたいと思います…